カテゴリ:学び( 3 )   

♪ハーブに触れて、カラーを深める   

2013年 02月 15日
楽しみにしていた、インプットデー♪

ちゃえん紅茶教室の、ハーブティーレッスンに参加しました。

紅茶教室、といってもノリノリ軽快なトークで、ポイントを押さえつつも難しいことより、やってみる!飲んでみる!楽しんじゃう!という雰囲気が大好きなちゃえんさんのレッスン。

今日のハーブティーも、へー!とか、ほほー!とか新しい発見もありながら、なんでやねん!的ツッコミもいただいて、笑いのたえない3時間でした。

ローズヒップってビタミンの爆弾ってホント?!

ふふふ、これはレッスンを受けた人のお楽しみですね~。


今回わたしがブレンドした中のひとつ。
c0251732_239517.jpg


ベースの味を選んで、好みのセレクトのハーブとブレンド。
どんな味になるかな?見た目はどう?なんて言いながら、楽しく作りました。

そのハーブの効能を知っていればもちろんとてもいいんだろうけど、それを知らなくたって自分が「美味しい」とか、「好き♪」って思うことが大事!
そのチョイスに正しいとか間違ってるとかっていうジャッジは必要ないんだもの。

それはカラーセラピーと同じだなーってブレンドしながら思ってました。

色の意味を知らなくても、なんか気になる、なんか好きかも、っていう直感的なことって、やっぱりそのときの気持ちを表しているから。

ハーブティーは香りで癒されたり、見た目も可愛くしてみたり、遊び心たっぷりで楽しめるのが面白いなって思いました。

紅茶とブレンドすると、幅がぐーんと広がるし、飲みやすくなったりする。

単体よりは組み合わせることで相乗効果があったりするのって、いろんな場面で思い当たること多数!

普段は薬草っぽいのばかり選ぶわたしですが(苦笑)
今日は女子力アゲアゲで、見た目も楽しみながら、選んでみました。
c0251732_239766.jpg

これを飲むのもまた楽しみです♪

こうやってわたしがやっていることとは直接関係ないようなことでも、ちゃんと根っこってつながってるんだなーって感じています。
わたしが選んでいるものは、すべてわたしの栄養になってるんですよね。

そしてこれをどんどん還元していくのです♪

カラーとハーブティー、まだまだあたためているところですが、今回のレッスンでやっぱり気軽さや好きってこと、選ぶ楽しさを改めて感じたので、少し前進!

今日はたくさんハーブティーを飲んだので、なんだか潤ってます(笑)
そしてしばらく、ハーブティーブームは続きそう!

素敵な学びに感謝です。



【ご予約・お問い合わせはこちら】
★PC
☆携帯

[PR]

by colorfulcue | 2013-02-15 22:30 | 学び

おのころ心平さん講演会in福山(客観的思考編・2)   

2013年 01月 22日
前編はコチラ→

後半には、参加者の中で希望された方に、おのころ先生が質問されながら実際にマッピングしていくという時間がありました。

このヒアリングマップ(マッピング)、わたしも一度受けています。
(みなこちゃんから♪)

そのときの感想を抜粋。
↓ ↓ ↓ ↓

******************

わたしが選んだテーマは「家族」。
何気なく選んだつもりだったけど、根っこの深さに気付くことができたのはよかったんだと思います。

(中略)

同じ失敗は繰り返したくない=いまだに過去を気にしている自分がいて、そのことに今回のヒアリングマップで気付くことができました。

そこはもう、よく頑張ったね、って自分で言ってあげたら過去のこととして、自分の経験値として、消化できる部分なんですよね。

もちろんその思いがあることが悪いわけじゃないけど、同じ失敗を…云々なんて思うより、新しいやり方を考えるほうがずっと楽しい!

「まだ3年だから…」ってわたしは何気なく使っていたんだけど、みなこちゃんから「もう3年、じゃないんだね」って言われたときも、全然思いもよらないアプローチだったので、自分の認識ってほんとに狭い範囲なんだと気付きました。

ひとりで考えるのって、やっぱり限界がある。

でもそれを広げることはいつだってできるんだってこともわかりました。

ヒアリングマップというツールを通じて、みなこちゃんの質問に確かに自分の言葉で答えていただけなのに、自分でも思わぬことが出てくるのが、面白いところなのかも。

カラーセラピーのセルフリーディングにも似ていて、でも掘り下げていきながら、どんどん広がっていく感じが違うところだと思います。

今やっと、「家族」を通じて、過去のわたしが辛かったり悲しんだり苦しんだりしていたことを、

もう大丈夫だよ、すてきな家族をつくっているよ、よく頑張ってきたね。

って許して受け入れてあげる時がきたんだなって思いました。

これで、気持ちに迷いなくシフトできそうです(笑)

扉を開けるのは自分、だけど、そのヒントはいろんな方法で受け取ることができる。
今回はそれがわたしにとってはヒアリングマップだったんだなーって思います。

****************


そして、みなこちゃんからの言葉。
↓ ↓ ↓ ↓

きゅーちゃん、ありがとうね~。

カラーセラピーのセルフリーディングにも似ていて、でも掘り下げていきながら、どんどん広がっていく感じが、違うところだと思います。

ここを読んで、本当にそうだなあと感動しました。

他人の視点が入っていくことで、自分の「当たり前」の考えに広がりが出てくるんですね。
自分の中にあった、ゴツゴツした石が、実はダイヤの原石だった、ってことに気づいた、みたいな感じです。



この時のヒアリングマップは、一部ですがこんな感じ。
c0251732_18352495.jpg


これもまた自分を知るツールのひとつだと思います。

わたしが選んだ家族というテーマから、わたしが家族に対して持っているイメージや想い、感情や行動のパターンなどがどんどん出てくる。

表面に出ている症状や状態から、そのココロを読み解くマッピング。

おのころ心平さんの公開マッピングは、「ほー!」とか、「へー!」とか、「わー!」とか、そんな言葉が素直に口をついて出てくるような感じでした。

このマッピング、自然治癒力学校の福山教室でも開講されます☆
(2月~4期は満席だそうです)

著書の「病気は才能」の中に、

『多くの病気は、その方の周囲の人間関係において生じる、と考えています』

という一文があります。

出ている症状だけでなく、その人の物語、ストーリーを紐解いていくことが、その病気が生じた以上のものへとつながる。

それは人間関係だったり人生そのものだったり…

そんなおのころさんの言葉を聞きながら、わたしも周りとの関わりの中で、相手のありのままを受け止めていくことをいつも心に留めておこう、と改めて思いました。

みんな本質部分にはちゃんと答えがあって、わたしはそれを知っていくためのお手伝いができることに喜びを感じるし、それはすなわち、わたし自身のためでもある"しあわせ"なんだな、って。

ココロとカラダのバランス、それがわたしのテーマです。

いろんなツールがあるけど、どれもその軸があってこそのもの。

おのころ心平さんのお話を聞いて、そのテーマをこれからも楽しく追求していきたいと、気持ちも新たにできました。

おのころ心平さんの本やブログ、メルマガなど、ほんとにいろーんな角度から、ココロやカラダへのアプローチをしていて面白いですよー!

ぜひいろんな方に知っていただきたいな、って思います♪


*おまけ。
c0251732_21373363.jpg

帰りにみんなでプチカラーセラピーをしました。

こういうちょっとした時間でも振り返りに使えるのが、アドバンスカラーセラピーの良さなんです♪

わたしはオレンジ。

このワクワクを周りと共有できたことが嬉しくて、それをもっと伝えていけるといいな、っていう気持ちでした。

もちろん、ひとりで身軽に動けることへの開放感もありましたが(笑)
快く送り出してくれる夫になにより1番感謝です♡

[PR]

by colorfulcue | 2013-01-22 21:30 | 学び

おのころ心平さん講演会in福山(客観的思考編)   

2013年 01月 21日
1月20日大寒の日、おのころ心平さんの講演会で、福山まで行ってきました。

おのころ心平さんを知ったのは、2011年の12月。
わたしのバランスチューニング(波動調整)の師匠でもある、みなこちゃんから聞いて、ブログを読み始め、メルマガにも登録し、その内容の面白さと深さにハマり、本(病気は才能)も購入し…という流れ(笑)

おのころ心平さんの自然治癒力学校のことも、みなこちゃん経由で知りました。

わたしがこの講演会に行こうと思ったのは、会いたい人には会いに行く!そのチャンスを大切にする!と決めたのが大きな理由。

講演会の募集記事を見たとき、『福山だし、遠いかな…』と一瞬よぎりました。
でもすぐ、
『同じ広島県だし、神戸や大阪に比べたら近すぎるくらい!』と脳内で変換して(笑)
とにかく申込してから、どうやって行くかを考えよう♪という感じでした。

みなこちゃんの話はもちろんですが、ブログの記事や本を読んで、おのころ心平さんに会ってみたい!と思っていたんですよね。

そしてやっぱり、自分のカラダとココロのつながりを知ることで、表面的なことへのフォーカスから、もっと深いところを知りたくて。

それが、わたし自身のカラダのこと、ココロのことから、さらには今わたしが持っているツールであるカラーセラピーやオーガナイズやコアトレを、ぐるっとまとめてぎゅぎゅっと結びつけてくれるものへと変わると思ったから。

講演会前のメンタルチェックでは、黄緑。
c0251732_15142956.jpg

おのころ心平さんに会うことが、わたしの中ではひとつのスタートなのです。
まさしく新しいはじまりの予感。

わたしが黄緑を選ぶ時は、そこには何かを学んだり、知ることに対するワクワク感もセットになっていることがよくあります。

黄緑=黄 + 緑 

自分の中に新しいことを入れていくワクワク感、希望(黄)を感じながら、今までの自分とのバランス(緑)を取っている感覚。

こうしてみると、何気なく選んだ色も深いなーって感じます。



講演会の内容は、なかなか熱く、そしてとても深く、2時間はあっという間でした。


プロジェクターを使って映像で魅せるところも、ユニークだったし、最初に心理テストをしたり、周りに座った方たちと自己紹介し合ったり、講演会というより、大人数のワークショップみたいでした。

最初の心理テスト、軽い気持ちでやってたんですが、もう笑うしかないよね、ってくらい今の自分にぴったりなことが出ました。

アドバンスカラーセラピーもそうだけど、本当に自分を知るツールっていろいろあるんですよね。

それがどんなツールであってもいいんだけど、そこに今の自分を映し出す(投影させる)ことで、客観的に『あ、わたしって今、そういう状態なのね』って素直に思えたりするんです。

心理テストで和んだあとは、おのころさんのお話にぐぐっと惹き込まれ…

その中に、

『人はひとりでは元気になれない 

 でも その前に

人はひとりでは病気にもなれない』


という言葉が出てきました。

周りとの関係性があるからこそ、自分の個性を見つけられるし、自分自身を認識している、というおのころさんの言葉にぐっときました。


自分って何?
わたしらしさって何?


を追求していた時、自分が自分が…って常に(主観的に)思っていたわたし。

その時は、自分を追い込むというか、けっこうストイックな部分がありました。

正直なところ、しんどかったんですよね。

それこそ、修行僧って感じで(苦笑)


でも、まずは今の自分や自分の人生、周りの人との関係について、『これでいいのだ~!』とOKを出すことが大切だということを知ってからは、とてもラクになれました。

これもまた、アドバンスカラーセラピーと共通しているところで、

自分の良さや支えになっている部分に目を向ける=光をあてていく

ということ。

お話を聞きながら、自分の経験やアドバンスカラーセラピーなどと重ね合わせていくのが面白くて、これぞまさに俯瞰するチカラ、ライフオーガナイズで得たものだなーなんて思っていました。

客観的に見ることができると、ひとつのこともいろんな角度から楽しめますよ(笑)


客観的、といえば後半にはおのころさんがマッピングを実際にされる時間があったので、それについては、また♪



☆客観的思考編 その2へ続きます☆

[PR]

by colorfulcue | 2013-01-21 17:30 | 学び